Loading...

ブログ・お知らせ

BLOGTanpopo

明日11月20日は「世界こども人権デー」

 

毎年、11月20日には、子どもの権利の認識向上や子どもの福祉の向上を目的として、世界中で子ども達が主体となり様々なイベントが行われています。

 

11月20日の「世界子どもの日」は、1954年、世界の子どもたちの相互理解と福祉の向上を目的として、国連によって制定、その後、1959年11月20日に国連総会で「子どもの権利宣言」そして1989年11月20日には、すべての子どもに人権を保障する初めての国際条例により、「子どもの権利条約」が国連総会で採択されました。

これにより、子どもたちの人権を守るための社会のシステムや人々の意識が変わりはじめ、子どもが自らの権利を主張できるようになりました。しかし、まだまだ、虐待・貧困・差別など、あらゆる物事によって、人権が侵害され、自分は愛されるべき存在であるということを見失ってしまっている子どもが居ることも忘れてはいけません。

 

園では、

『こどもの笑顔と笑い声があふれる保育』

『一人ひとりを大切にする保育』

『すべての人が幸せに感じる保育』

という3つの保育理念の基、日々の保育に取り組んでいます。

 

子どもを取り囲むすべての人々が幸せであることで、子どもも笑顔になります。

大切にされた思いがあることで、人に対して思いやりの心を持つことが出来ます。

子どもたち一人一人を大切に思う周囲の人たちの暖かな気持ちが、子ども自身にしっかり伝わることで、自信や誇りを抱き、自分は愛されるべき存在なのだと心から思うことが出来ます。

 

 

子どもを取り囲むすべての人たちが幸せでありますように。

そして、世界中の子どもたちが、安心して心から笑顔で暮らせる毎日を送ることが出来ますように。

私たちは、この笑顔を守ります!

 

この記事を書いた人

マユミ先生 (たんぽぽ組担任)
マユミ先生 (たんぽぽ組担任)
好きなキャラクター:おさるのジョージ
好きな給食:唐揚げ
好きな遊び:どろけい
+6