Loading...

ブログ・お知らせ

BLOGSakura

世界食料デーについて

 

木々の落ち葉も増え、もうすっかり季節が秋に変わりましたね!

運動発表会&リレー・かけっこを頑張ったさくら組のお友達も「あっ!とんぼだ!」と季節の変化にも気が付いています!!

今回は、「世界食料デー」についてお伝えしようと思います。

 

 

「世界食料デー」とは…国連が定めた「世界の食料問題を考える日(10/16)」です。世界の一人ひとりが協力し合い、最も重要な基本的人権である食料への権利を現実のものにし、世界に広がる飢餓・栄養不良・極度の貧困を解決することを目的としています。毎年、世界食料デーの前後には、食料問題に関する国際的な政策を話し合う「世界食料安全保障委員会(CFS)」が開催されるほか、世界各地でイベントが実施されているそうです。

日本では2008年から「世界食料デー」のある10月を「世界食料デー」月間として情報を発信したりもしています。

そのため、さくら組からお伝えできる「世界食料デー」の取り組みはこちらです!

 

 

給食の時間では、自分の食べられる量か調節しながら食べています!

今は、コロナ禍のためみんな前を見て静かに食べていますが美味しく食べ進めていますよ♪

 

 

また、おかわりに行く前にはお皿に食材が残っていないか子ども自身に見てもらっています!!

ご馳走様をする前には先生もお皿が綺麗か一緒に確認をして、自分で集める練習もしています☆

 

 

小さな取り組みかもしれませんが、この取り組みを続けていくことが大切ではないかと思っています。

ご家庭でも、食べ物を粗末にせず大切に食べることを意識しながら食事を楽しんでみてください。

 

この記事を書いた人

アヤ先生 (さくら組担任)
アヤ先生 (さくら組担任)
好きなキャラクター:プーさん
好きな給食:麺類
好きな遊び:積み木
+12